転職コラム・口コミ

HOME > 転職コラム・口コミ > 転職コラム > 退職せずに転職活動するメリットとデメリット

退職せずに転職活動するメリットとデメリット

2018.11.07

転職をする際、一般的には退職をしないで転職活動をすることが推奨されています。退職をしないで転職活動するメリットとデメリットを考えてみましょう。

まず大きなメリットとして収入を得ながら転職活動ができることが挙げれられます。この「金銭面の安定」は転職を成功させるためには必要不可欠な要素と言っても過言ではありません。転職活動では予想以上に時間がかかる可能性があります。「理想の求人が見つからない」「面接に受からない」など転職活動が上手く進まなかった場合、収入がないと毎日がストレスとの闘いになります。生活基盤が崩れてしまったら転職活動どころではなくなってしまいます。会社を辞めずに転職活動をすることで得られる「金銭面の安定」は大きなメリットとなります。

 

次に離職期間(ブランク)が発生しないことです。同じように転職活動に時間がかかってしまい、離職期間が長くなってしまうと書類選考での評価を下げることに繋がります。「計画性がない」や「何か問題があるのではないか」など採用担当が懸念する可能性が高くなります。転職市場で自分の評価を下げないためにもブランクを発生させないことは重要と考えられます。

次はデメリットの視点から考えてみましょう。退職をしないということは業務を抱えた状態で転職活動をすることになります。時間がないことで求人情報のリサーチができなかったり、面接日程のスケジュール調整が上手くできなかったりしてしまうと、転職活動自体が進みません。中途採用では選考を急いでいるケースが多く、入社日程を待ってもらえないケースがあります。入社日が決まっても、退職交渉が纏まらずるずると退職日が長引いてしまってたりします。有休が多く残っている場合も、消化ができないケースが多くなります。


TOP