転職コラム・口コミ

HOME > 転職コラム・口コミ > 転職コラム > 年収を上げる方法:資格を取る

年収を上げる方法:資格を取る

2018.10.30

「資格を取ったら、給与は上がりますか?」 

多くの方にこういった質問をされる時がありますが、結論から言ってしまうと「年収は上がります。」

 

資格取得には色々な効果があります。その資格を保有していなければ就くことのできない専門職(医師や弁護士など)や、取得のプロセスが業務に活かせる資格(簿記1級など)があり、自身の評価に直結するため、年収ベースは確実に上がります。大切なことは資格を取得することで、「活躍できるフィールドを上げることができる」ということです。

簿記1級の資格を例に考えてみましょう。今まで町の中小企業で経理をしていたAさんが簿記1級を取得しました。そうするとどうなるでしょうか。簿記1級を取得するプロセスで、会計処理の理論的背景となる「会計基準」や現金の流れを明確にする「キャッシュフロー計算書」、企業集団全体で処理するための手順である「連結会計」などのスキルが身に付きます。このスキルは大手企業・上場企業の会計処理を担当するうえでは欠かせないスキルです。資格取得をすることでスキルアップし、働くフィールドを高くすることが可能になります。

 

単純に資格手当を目的に取得する場合でも、キャリアアップの為に取得する場合でも、資格取得は必ずプラスになります。もちろんプラスの幅が大きくなる資格ほど取得の難易度も高くなる傾向にある為、自身のキャリアを考え、どの資格を取得することがベストか考えてみましょう。

 

ファイナンシャルプランナー

社会保険労務士

中小企業診断士

宅地建物取引士

日商簿記

公認会計士

地方公務員上級・国家一般職

税理士

行政書士

 

など、取得すると有利と言われている資格は色々とありますが、取得の目的を明確にし、活かし方を考えておかなければ、収入アップには繋がりません。取得を目指す際には、取得した後のことを考えておくことが重要です。


TOP