転職コラム・口コミ

HOME > 転職コラム・口コミ > 転職コラム > 年収を上げる方法:残業、休日出勤を増やす

年収を上げる方法:残業、休日出勤を増やす

2018.10.23

「収入を増やしたい」

働く方のほぼ全てがこう思っているのではないでしょうか?

 

転職をする。副業を始める。など色々な方法が思い浮かぶと思いますが、最も簡単で単純な方法は「労働時間を増やす」ことです。昨今では「残業を減らす」という動きがスタンダードになっていますが、バブルの時代は「24時間戦えますか。」というキャッチフレーズが流行になる程、残業できていた時代もあります。現在も建設業界やIT業界、物量業界(運送業)で多く発生すると言われていますが、超長時間労働の方たちは残業でどれくらいの収入があるのでしょうか。年間休日出勤数40日前後、月平均残業時間100時間前後という方も多く存在します。月給25万円の方が、休日出勤年間40日、月残業100時間で計算すると年間の収入は280万円程度になります。一番単純で簡単に収入を方法上げる「時間外労働」でこれだけの収入を得ることもできるということです。

 

しかし、これだけ残業をさせてくれる企業はそうそうありません。時間外労働で稼ぐことの危険性もあります。残業代や休日出勤ができなくなった時は年収が大幅に下がることになります。

 

「残業するほど生涯年収が下がる」という言葉もあります。これは職務遂行能力を上げ、生産性を高めることで昇進やスキルアップに繋がり、年収ベースが上がるという考え方がベースにあるのですが、筆者も「残業するほど生涯年収が下がる」という考え方には賛成しています。残業を固定収入と考えるのではなく、「残業代は水物」と考えたほうがよいのではないでしょうか。大幅に年収を上げることを目的とするのではなく、若干のプラス程度の考えであれば、業務レベルを上げ、昇給や昇進でベースを上げてしまったほうが長期的に考えれば確実です。


TOP