転職コラム・口コミ

HOME > 転職コラム・口コミ > ニュース > 最低賃金改定

最低賃金改定

2018.09.26

平成30年10月1日から全国で祭礼賃金が改定されます。

最低賃金ってなに??という方の為に、分かりやすく解説をします。

最低賃金とは

みなさん「わかりきったこと・・」と思っているかもしれませんが、少しお付き合いください。簡単に言えばこう。雇用者(使用者)が労働者に対して支払わなければならない、賃金の最低額を定めた制度です。あたりまえっちゃ当たり前です。しかも厄介?なことに最低賃金は毎年上がります。ちなみに毎年8〜9月に最低賃金が上がることが決まり、決まった後、都道府県別に具体的な金額が発表される仕組みとなっています。

いくら上がった!?

全国平均額は、なんと25円引き上げ!恐ろしい数字です。

全ての企業が同じ条件ではないので、一律に上げることが正しいかと言われると大きな疑問が残ります。かと言って、企業毎で決めてしまうと格差も生まれてしまい、雇用と経済が上手く回らないのも確か。何とも言えませんね。。

いつからなの?

最低賃金には「発行日」があり厚生労働省のホームページに記載しています。その発行日が適用時期になります。今年はほとんどの都道府県が10月1日になっていますが、少し前後している県もあります。

ここに注意!

【Q】研修期間の時給は大丈夫?
【A】研修期間中も最低賃金を下回るのばダメです。

【Q】高校生時給は対象ですか?
【A】はい。賃金を受け取る人全員が対象です。

【Q】日給だから大丈夫でしょ!
【A】日給も時給計算した時に最低賃金を下回っていたらアウトです。

日給表記・月給表記であっても注意が必要です。
例えば1日10時間労働(休憩1h)で日給7500円の場合、時給を計算してみると・・・
7500÷(10時間労働ー1時間の休憩)=833円になります。
月給や年俸も所定総労働時間を割って計算して、最低賃金を下回っていないかしっかりチェックしてみましょう。


TOP